児玉です。
急に寒くなりましたね^^

冷えが気になる方は、冷え対策は万全ですか?
基本的には、身体を動かすことがとても大切だと思います。


 

先日、ロルフィング10シリーズが終わって、約1年ぶりに身体のチェックに来て来てくださったS様。数年前には、首の激しい痛みで病院を転々とするという、辛い経験をされた方です。

今は、首の痛みはすっかり良くなられていました。

 

S様は、ロルフィングを受けられている間も、ウォーキングをしたり、週に3回程度ジムに通われたりして、ご自分でも努力をされていました。

こうした努力が首の回復を早め、また、今でも健康的に生活できているのだと感じました。

 

やはり日頃から、身体を動かしておくことが大事!!

 

デスクワーク中心の仕事で、椅子に座りっぱなし。普段から運動する習慣がない、といった人はこんな状態になっていないか、チェックしてみてください。

今日のテーマはお腹です。

 

お腹が固く冷えていませんか?

お腹を触れたときに、固く冷たい人がいます。

一般的には、1センチほど押しても痛くない程度が良いとされています。適度な柔らかさと張り感があると理想です。

お腹が固く冷えた状態というのは、筋肉や内臓の血行が悪くなっていることが考えられます。内臓の機能低下にもつながります。


 

原因の一つには、腹直筋の過緊張が考えられます。

おへそから上、真横、下を触れていくと、筋肉が異常に硬く、すじばったものが触れる場合は、この腹直筋の緊張によるものと言って間違いないです。

肩で息をする浅い呼吸につながりやすく、横隔膜などを使った呼吸に比べ運動量が減ってしまいます。

そのため、全身への血液が行き渡りにくくなるんですね。古い血が溜まりやすく、循環が悪くなってお腹がむくんだりもします。

むくみは、いらない水分が溜まっている状態。内臓が冷えてしまい、活動量が下がります。

悪循環が起こりますね。

 

お腹の冷え、むくみ改善法

では、どう改善していくかですが、、

ここで有効なのが、普段の歩き方です。ロルフィングのセッションの中で、身体の使い方を確認していきますが、これが助けになります。


 

仕事がデスクワーク中心で、座ることが多い人は、お腹がうっ血しやすいです。
だからこそ、ただ歩くのではなく、普段から身体の使い方にも注意を向けてみてください!

 

オフィスの中、通勤途中や買い物など、普段の生活の中で歩く機会はありますよね。いわゆるインナーマッスルと呼ばれる、お腹の奥のほうの筋肉を使って歩きます。

 

少しコツがいりますが、インナーマッスルが使えるようになると、お腹に動きがでてきます。

腸にも適度な刺激が加わり、むくみ解消にもつながりますよ^^また、筋肉の動きによってお腹は温まります。

お腹周りもスッキリしてダイエット効果も期待できます。これらは、ロルフィングのセッションの中で繰り返し扱います。

身体が大変なことになる前に、一度、自分の身体の使い方をチェックしてみませんか。気になる方は、ご相談ください。