児玉です。

妙に脚だけが太い、という方は、身体の使い方(歩き方)の問題もある、という話をしました。

脚だけが太い、、

が、、今日は、その反対。「最近、脚が細くなってしまって、、」という悩みはありませんか?

 

昨日のロルフィングセッションでも、クライアントさんとその話題になりました。

「若い時は、脚が太い、、」と言って悩んでいたのに、年齢とともに「脚だけが痩せてきた、、」って悩みだす(笑)

美脚は、太すぎず、細すぎず、、、ということでしょうね^^;

脚が細くなってきた?

脚が細くなってきたのは、筋肉に蓄えられる栄養素が使われていることも関係があるかもしれません。

そうすると、食事の面を見直すことも必要です。

ですが、もっと単純に、運動不足で脚の筋肉が使われていない、ということもありますよね。

現代人は、圧倒的に、歩く機会が少なくなっていますから。

 

当サロンには、「筋肉をつけたい」「筋力をつけたい」と言って来られる方もいらっしゃいます。

そうした方には、身体の使い方を見直し、日頃から”筋肉を使う”ことをオススメしています。

 

「筋肉をつける」→ 「筋トレ」と思っていませんか?

一般的に、「筋肉をつける」のには「筋トレ」を思い浮かべるかもしれません。

お尻や太ももの大きな筋肉を手っ取り早くつけるには、確かに有効な手段です。

ただですね、、

筋トレは、トレーナーさんにお聞きすると、週3回程度を、ず〜と、やり続ける必要があるというのです。

そう、、ずーと、ずーと^^;

筋トレを止めたら、筋肉は、痩せてしまうという性質があるからです。

(もちろん、筋力をどの程度保持するかにもよるのだと思いますが)

日常生活の中で使うのがオススメ!

ロルフィングのセッションでは、身体の使い方を学びます。

多くの人が、日常生活の中で、使うべき筋肉が使えていません。

コア(身体の内側)を安定させ、身体の外側(表層部分)の緊張は減らしていきたいです。コアを安定させるためには、使うべき筋肉は使っていく必要があります。

つまり、大雑把に言えば、身体の内側にある筋肉のほうを普段から使えるようにしていきます。

身体の内側にある筋肉は、外側にある筋肉に比べて、大きくないです。そのため、コアが安定したからと言って、見た目に筋肉がついたようには見られないかもしれません。

ですが、身体が疲れにくくなったり、動きが滑らかになったりします。


 

動きがブレブレで、ぎこちない歩き方をしている人を見かけませんか? 特に中高年以上? 年配の方はそうした歩き方になっていませんか?

そうすると、老けた印象を持たれてしまいます。

流動的でダイナミックな動きは、若々しい印象につながります。

また、コアを安定させ、地面とのつながりを良くすれば、脚の筋肉もより使えるようになります。

最近、脚が痩せてきたかも、、という方には、ロルフィングで重要視しているところの、脚のサポートを充実させていくのもオススメです。

何れにしても、歩き方(身体の使い方)、バランス感覚などを身につけながら、見た目にも美しい、真の健康を目指していきます。

そんなロルフィングのメニューは、こちらです。

*****

整体やマッサージでも効果が続かなかったカラダの悩み、日頃のストレスを、自分のカラダと向き合うことで、心身ともに楽なカラダを手に入れるメソッドを提供しています。

楽なカラダを見つけていただき、仕事もプライベートも楽しめるようにしていきませんか? ご関心のある方は、こちらからご登録で、受講できます。

お得なキャンペーン情報はこちらでお伝えしていきます♬



筋膜に働きかけながら、全身のバランスを整える "ロルフィング" とは?

ロルフィングのメニューは、こちらです。