児玉です。

眼精疲労と睡眠の問題を抱えていたクライアントさんから、ロルフィング10シリーズの感想をいただきました。

当初M様からいただいたお悩みは、以下のとおりです。

 

眼精疲労などで半年間、整体に通っていたものの、、

一番の悩みは眼精疲労


 

近くの整体に半年間通い、一時的に楽になるもののまた眼精疲労が悪化したそうです。

その後、鍼治療で少し良くなったとおっしゃっていました。

 

もう少し詳しくお話を伺うと、慢性的に首や肩こりの症状があったようです。

そして、眼精疲労の症状以上に、寝つきが悪いといった睡眠の問題を抱えていました。

 

セッションでは、、

ロルフィングのセッションは、眼精疲労だからと言って、直接、目に関わるところに触れることはしません。

(いつもお話ししていますが)ロルフィング10シリーズのテーマに則ってセッションを進めていきます。

M様の場合、背中の張りが強く感じられました。

首、肩、頭蓋、、そして腕も、、、^^;

M様ご本人も、整体や針治療など受けるたびに、「どうしてそんなに(体が)硬いのですか〜」などと言われてきていたようでした。

とはいえ、ご本人はそこまでの実感はなかったのかもしれません。

そうした症状も慢性的だと、普通になってしまうのも当然ですね。

 

ロルフィングの1回目、2回目、、の変化

ロルフィングのセッションを1からスタートしました。

寝つきが悪いとのことで、わずかな量ではあるものの睡眠薬を飲まれていたM様に、頭蓋からアプローチしていきたかったのですが、通常通り、胸郭周りを緩め、腕の緊張を解放し、骨盤を整えていきました。

2回目、3回目と進むに従い、背骨の柔軟性を引き出すようにしていきました。

背中に伸びを作って、歩いたときに背骨の動きが見られるようにしていきました。

いつもの通り、1回ごとのセッションを積み上げていきました。(ちなみに、今回は月に2回のペースで行いました)


 

5回目の後から、睡眠薬を飲まない日が!

5回目のセッションを終わったあたりから、「体調は安定してきている」とおっしゃっていただきました。

6回目のセッションの時には、「薬(睡眠薬)を飲まないで寝てみました」と言っていただきました。

「目もひどくない」とのこと^^


 

7回目のときは、「寝つきは良くないけど、朝早く目を覚ますのは無くなった」という話もありました。

 

途中、風邪で体調不良があったり、パソコンで細かい作業を強いられたりして、紆余曲折ありました。

ですが、できる範囲内で、M様もご自分の体に向き合ってくださいました。

 

実際にいただいた感想は次の通りです。

この中で、「肩がこったと思っても自分で軽減できるようになった」とおっしゃってくださいました。

 

ロルフィング10シリーズをきっかけに、自分の体と向き合うことができるようになり、自分の身体と上手に付き合うことができるようになったとしたら、とても嬉しいことです。

 

ロルフィング体験談

●ロルフィングに期待したものは?

眼の疲れ、痛みの軽減、睡眠障害(特に寝つきが悪い)

●セッションを重ねる中で、経験したこと、感じたこと、気づいた点、変化など

慢性的に肩こりや首、背中に張りがあったが軽減した。疲れにくくなった 眼の症状もずいぶん楽になっている。

●セッションを受けたときの感覚は?

体が思っている以上にこり固まっていたと思う

●各セッション後の身体の感覚や変化、心の変化

肩がこったと思っても自分で軽減できるようになった

●ここでの経験は普段の生活にどのように取り入れられていますか?

座り方、歩き方、首が前傾しないように気を付けている


 

*****

整体やマッサージでも効果が続かなかったカラダの悩み、日頃のストレスを、自分のカラダと向き合うことで、心身ともに楽なカラダを手に入れるメソッドを提供しています。

ご関心のある方は、こちらからのご登録で、受講できます。 お得なキャンペーン情報はこちらでお伝えしていきます♬



筋膜に働きかけながら、全身のバランスを整える "ロルフィング" とは?

ロルフィングのメニューは、こちらです。