児玉です。

私たちは、慢性的に酸素不足だって言います。酸素が不足すると、カラダが疲れやすかったり、だるかったり、いろいろな不調が起きてきます。

今、抱えているカラダの不調も、もしかしたら酸素不足からきているのかもしれませんよ!!

今日も、呼吸、呼吸です^^

 

呼吸が浅いなと感じたときの対処法

一日中、パソコンに向かっていると、呼吸が浅くなっているのに気がつきませんか?

呼吸が浅いと、酸素も十分に取り込めません。
夕方になると、カラダも重だるくなったり、、

そんな時、いきなり深く呼吸をして、、と言ってもなかなか難しいです。

まずは、肋骨周りを緩めるのがオススメです。

 

やり方は、とても簡単!

まず、左の腕を、上(天井方向)に向かってあげます。

次に、反対のほうの手(右の手のひら)を、左の肋骨(脇腹より少し上、 胸の高さ)の上に軽くおきます。

そして脇のラインを伸ばすように、腕をぐーっと上げていきましょう♪
右の手は、肋骨に軽く添える程度で。

 

肋骨周りが、ぐ〜と上に引き上がっていくのが感じられたらOKです。反対側も、同じようにやってみてくださいね。

肋骨周りが緩むと、呼吸がしやすくなりませんか?

 

首が痛くて痛くて仕方がない、、お客様

昨日、首が痛くて痛くて・・と訴えて来られた方がいらっしゃいました。

今までも、首が痛くてどうしようもなくなると、マッサージや整体を受けていたそうですが、いつも同じことの繰り返しなので、さすがに何とかならないかと思っていたそうです。

で、ロルフィングのことを、職場の人から聞いたそうです。

 

そして、「何か分からないけど、良さそうなのでとりあえず来ました」
とのこと。

そう、「分からない・・」というのは良く言われます(^▽^;)
そして、「カラダを根本から見直したい・・」といって来られる方も多いです。

 

首の痛みを、一時的に緩和する対症療法ではありません

首が痛いからと言って、首だけの問題でないことが多いです。

T様も、あごがやや前に突き出て、首が斜め前方向にいき、首に負担がかかっているのが明らかでした。

 

首のコリをほぐすこともしていきますが、、


くび、頭蓋のポジションを、カラダ全体のバランスの中で取るようにしていきます。

上半身を支えるためにも、足の土台をしっかりさせて、、

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足の土台がしっかりしないと、首も支えられません。

全身のバランスがとれてくると、、カラダの内側を通る中心軸のようなものが感じられてきます。

 

T様も、セッションの最後は、首が上方向にす〜と長く伸びて、キレイでした!

そして、呼吸も深くなっていました。

 

その日の感想をいただきました。

○「首の痛みは、気にならなくなりました」

○「首に負担がかからない場所が、わかった(いつも負担をかけていたことに気づきました)」

○「セッションの途中から呼吸が楽になるのが感じられました」

 

T様もおっしゃっていましたが、カラダのバランスがとれて徐々に姿勢が変わってきています。

長時間パソコンに向かってのお仕事が多いそうですが、「疲れにくくなってきている気がする」なんてことをおっしゃってくださいました。

 

*****

整体やマッサージでも効果が続かなかったカラダの悩み、日頃のストレスを、自分のカラダと向き合うことで、心身ともに楽なカラダを手に入れるメソッドを提供しています。

楽なカラダを見つけていただき、仕事もプライベートも楽しめるようにしていきませんか? ご関心のある方は、こちらからご登録で、受講できます。

お得なキャンペーン情報はこちらでお伝えしていきます♬



筋膜に働きかけながら、全身のバランスを整える "ロルフィング" とは?

ロルフィングのメニューは、こちらです。