児玉です。

生活習慣病を患っている家族のため、昨年末から食事療法に取り組んでいます。

8ヶ月経過し、体重8キロ減!
1ヶ月に1キロ減と、まあまあのペースかなと思います^^

減量すれば良いという問題でもなく、必要な栄養素は撮らないといけないので、やはりバランスが大事ですね。


 

さて、そんなパートナー君ではありますが、ここにきて「かかとが痛い!」と言うのです。

症状から、おそらく「足底筋膜炎かな?」と思いました。

足の裏にある足底筋膜に炎症が起き、痛みを伴う病気ですが、歩行やランニング、ジャンプなどで使いすぎたり、40歳〜50歳以上で起こりやすいと言われています。

彼の場合、最近は仕事で良く歩くようなので、「使いすぎ」ということもあるかもしれません。ですが、やはり、年齢による足の機能低下によるところも多いかもしれません。

 

かかとが痛いのは、歩き方の問題?

とまあ、、病院に行けば、おそらく、ここまでの診断で終わるでしょうが、それでは何の解決にもなりません。

 

ロルフィングのクライアントさんの中には、いろいろな診断結果を持って来られる方も珍しくありません。

病名がついても、せいぜい痛み止めを飲んで症状を抑えるだけだったりしませんか?

 

クライアントさんからも「これ以上良くならないと思って、(ロルフィングを受けに)来ました」と、言われることもあります^^;

そして、その都度、クライアントさんに向き合い、クライアントさんと一緒に、解決策を見つけていく、、

そんな独特なセッションを行っています。

 

さて、「かかとが痛い」という症状ですが、そもそも歩き方に問題があると思っています。

かかとの方から着地して、足指のほうに体重移動するような歩き方が出来ていません。

表現は悪いですが、ペンギンのように、ヨチヨチ歩きになる傾向がありました。

扁平足で足のアーチが乏しいから、そうした歩き方になるのか、反対に、機能的に歩いていなかったために、足の構造が退化(扁平足)したのか?

いずれにしても、歩き方を学びなおす必要性を感じました。

 

実際、股関節の可動域を取り戻し、コアからのつながりを引き出すように全身のバランスを整えると、痛みは軽減したようです。

 

身体の使い方のクセに気づいていますか?

結局のところ、身体の悩みが尽きないのは、自分の身体を知っているようで知らないのだと思っています。

身体の使い方のクセって、自分では分からないものですよね〜(≧∇≦)

でも、普段、何気に繰り返している動作が、、身体に負担を与え続けているとしたら、、、??

もしかしたら、自分の身体に向き合う必要があるかもしれません。

自分の身体を根本から見直していきませんか?

*****

整体やマッサージでも効果が続かなかったカラダの悩み、日頃のストレスを、自分のカラダと向き合うことで、心身ともに楽なカラダを手に入れるメソッドを提供しています。

楽なカラダを見つけていただき、仕事もプライベートも楽しめるようにしていきませんか? ご関心のある方は、こちらからご登録で、受講できます。

お得なキャンペーン情報はこちらでお伝えしていきます♬



筋膜に働きかけながら、全身のバランスを整える "ロルフィング" とは?

ロルフィングのメニューは、こちらです。